専門学校で学んで女優をめざす

女優という仕事は演劇や映画、あるいはテレビのドラマなどで演技を通じて人々に夢や感動を与える仕事です。

華やかな姿の裏にはそれを支える様々な努力や工夫があります。女優に憧れてなりたいと思う人も多いのですが、漠然と憧れているだけでは女優になることはできません。街角でスカウトされた、というエピソードが語られることもあるますが、それはほんの一部の人だけで、多くの人たちは発声や演技の練習をして女優になるという夢を実現してきています。

女優になる途としては、オーディションを受ける、劇団に所属したり養成所に入所するなどの方法がありますが、専門学校で学ぶという途にも注目したいモノです。専門学校で学ぶ利点は、まず広い分野で演技の練習ができるということです。劇団にはそれぞれの特徴があり、その特徴にあった演技や発声の練習が中心になります。自分がその劇団に合わない場合もあり、それからの進路変更は遠回りになってしまいます。

専門学校では、分野を絞らずに基本から発声や演技の勉強ができます。プロの俳優さんたちが講師を務めている場合も多いので、舞台やスタジオだけの姿ではなく日常生活の中でも重要なことについても、実体験を通して教えてもらえます。また、学校の仲間とともに励まし合いながら学べるという点も励ましになります。専門学校で学んだ後も特定の劇団や事務所に所属しなければならないということではなく、自分に合っていると考えられる所を選択できることもメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *