サマーキャンププログラムの重要性

一般的に夏休みに行くことが多いので、サマーキャンプあるいはサマープログラムなどと言われることが多いですが、冬や春にも開講している場合もあるのでジュニアあるいはユースプログラムの一環になります。

要するに日本の学校がお休みに入る期間を利用して、数週間海外の教育機関などが主催するプログラムに参加し、世界中から集まった同世代の学生とともに学んでいきます。午前中は英語を勉強して、午後にはサッカーなどのスポーツ系あるいは演劇などの芸術系などのアクティビティに参加し、夕方から夜にかけてはダンスやカラオケ、ボウリングなどのイベントを通して楽しみながらコミュニケーションを取るのがサマーキャンプの目的です。

プログラムによっては小学校の低学年から参加できるものもありますが、一般的な日本人の語学レベルや成熟度合などを考えたときに小学生では少し無理があります。実質的には中学一年生あたりがサマーキャンプに参加するミニマムの年齢で、本人が本当に参加を希望し、言葉の面でもそれなりに準備していないと楽しめないかもしれません。性格的にも多少のことでめげない、しっかりしている子だと安心です。

平均で2週間から3週間という参加になりますので、それだけで劇的に英語が話せるようになるものではありません。しかし、渡航が決まった時点でだいたいの参加者は不安と期待から現地での英語コミュニケーションができるように多少なりとも取り組みます。普段出会うことがないような友達が一気にでき、イベントなどを通じてコミュニケーションの面白さや難しさを体験することが可能です。そのことで、英語が勉強するものからコミュニケーションツールに変わります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *