専門学校で保育士の資格を取得する

保育士になる為には、4年制の大学か短期大学か専門学校に行くという方法があります。

短期大学や専門学校は、4年制の大学に比べるとかなり大変な毎日になります。しかし、早く資格を取得出来て社会に出られるというメリットがあります。卒業と同時に資格証書を貰えます。専門学校で取得出来るのは、保育士資格と幼稚園教諭の免許になります。就職面でもしっかりサポートして貰えるので、学校を出たけれど就職が決まらないという事もありませんので安心です。専門学校では、ピアノの授業があります。

ピアノを習っていない人には大変でしょう。しかし初心者の人には先生が一から教えて貰えます。どうしてもピアノが苦手な人は、卒業後は保育園で働く人が多いです。何故なら保育園では殆どピアノを使用しないからです。幼稚園に就職すると毎日ピアノを弾かなければならないからです。体育の授業は頻繁にあります。子供用のリトミックを教えてもらったりダンスを習ったりします。

授業では自分達で創作ダンスを考える事もあります。また集団遊びも様々な物を教えて貰えます。就職してから直ぐ役に立ちます。専門学校の講義では子供の保健や栄養や心理学などを学んだりします。幼稚園と保育園で教育実習も行われます。毎日大変ですが、学園祭なども行われるので充実した2年間を送れるでしょう。この様に保育士になる為には様々な勉強をしなければなりません。学費も数百万円という大金が必要ですので、よく考えてから入学する様にしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *