保育士の専門学校について

将来保育士として働きたいという人もいるでしょう。

保育士になるには高校を卒業してから大学の保育科に入学するか、保育の専門学校に入学する事が必要です。大学は4年制だけでなく短期大学でも良いです。専門学校は2年制と3年制がありますが、2年制に通う人が多いです。学校に入学し、卒業すると保育士と幼稚園教諭の資格を貰えます。国家試験を受ける必要がないのは大きなメリットです。保育の専門学校を考えている人もいるでしょうが、2年間で数百万円の学費が必要です。

なのでよく考えてから入学しましょう。入学は、大学の様に受験勉強をしなくても比較的簡単に入る事が出来ます。しかし入学してからは忙しい毎日が待っています。毎日朝から夕方までぎっしり授業が入っているからです。保育の専門学校では、講義の他に実技が多いのも特徴です。特に体育は一週間に数回あります。ダンスを習ったり子供用のリトミックを習ったりします。また集団遊びなども教えて貰えます。

働きだしたら直ぐに使えるものばかりで大変役に立ちます。2年生になると、保育園や幼稚園に行き実習が行われます。期間は数週間で、クラスに入って体験します。毎日保育日誌を書いて担任の先生に提出し、アドバイスを貰います。実習中には一日保育といって、丸一日担任の先生の代わりを務めます。就職は学校に沢山の求人が来ますので、殆どの人が保育園や幼稚園に就職します。就職はきちんと先生方にサポートして貰えるので安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *