音楽専門学校で得られるもの

音楽専門学校は、都市部を中心として、多数存在しています。

音楽を教える学校には、株式会社形態のものと、専修学校形態の者がありますが、音楽専門学校は専修学校の扱いになります。したがって、学生として学割を利用することができます。どんなことを教えているのかというと、音楽に関する理論や知識、実技などを指導しています。これだけを見ると、音楽大学と変わらないようにも感じますが、音楽専門学校はより実践的なことを学びます。

例えば、オーディションでの成功の仕方といった指導も行われるので、早く成功したいという人に適しています。ただし、音楽専門学校は、試験をして入る大学とは異なり、基本的にフリーパスで入学することができます。そこで、学生の質はどうしても低い人ばかりです。中には、特に目的もなく進学をしている人も多くなっており、流されやすい人は彼らの影響を受けてしまいます。

そういったデメリットはありますが、指導を生かせる人ならば、良い環境ともいえます。自前でスタジオを備えていることが多いため、実践的な環境でレッスンをすることができます。また、指導に当たる人も、プロのミュージシャンなどであるため、本物を学ぶことができ、書物からは得られない経験をすることができます。このようなメリットがあるため、自分でしっかりとやっていく自信がある人には適しています。ただ、音楽の道に行かない場合にはつぶしがきかないという点は、額後する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *