女優専門学校のメリットデメリット

女優になる為に専門学校に通う人は少なくありません。

そんな女優専門学校のメリットとデメリットを紹介していきます。まずメリットは芸能界の人と繋がりを持てる点です。学校の場合は講師がいて、講師はプロで活躍した人だったり、現役の演出家などが勤めるケースがあります。またその学校を卒業した先輩との繋がりも出来るので、繋がりが強い程仕事を貰えるチャンスが増えます。

さらに専門学校に通っている人は当然ライバルであり、また同じ職業を目指す仲間でもあります。そして同じ目標を持っている同期と切磋琢磨することは自分を磨く為にとても大事なことです。また同期が先に女優として活躍している場合は、同期を通じて業界に繋がりが出来ます。ただ残念ながらメリットだけではなくデメリットも存在します。

最初に挙げることが出来るのは、高額な費用がかかります。だから自分の夢はそれだけのお金をかけても成し遂げたいモノなのかよく考えて下さい。またその費用を工面する必要があります。絶対に女優になりたいという強い気持ちがないと通う費用は全て無駄になってしまうので、その点をきちんと理解しておきましょう。あと専門学校に通えば女優になれると思っている様な人は芸能界では通用しません。

学校は将来有望な人を見つけて芸能界に送り出す為の場所です。だから基礎は教えてくれますが、全員を底上げして芸能人にしてくれる訳ではないのです。基礎を身に付けてそれを応用することが出来る人、自分で努力しないと芸能界でデビューすることは不可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *